スポンサーサイト

2008.05.24 Saturday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


世間は苗場。僕は家。

2007.07.28 Saturday | by Daisuke Masuda
20日のPrimitive Painter、たくさんの方のご来場ありがとうございました!

エレクトロあり、インディあり、New Raveあり。
フロアと選曲がばっちりはまった感じでしたね。

今回から登場のVJやフードも満足いただけたのでは!?

で、早速なんですが次回開催も決定しています。
具体的な内容はまたお知らせしますが、
10月です。

世間はフジロックですねぇ〜。
今年は家にいるんだけど、行かなきゃ行かないで気になる。
Lily AllenとかFeistだとか気になる。
The Cureも。
(見たいか?と訪ねられたら答えはYes。)

来年は誰が出ようと行こうかな。

まぁ、再来週にはサマソニですよ。
Cut CopyやThe Presetsがまさかの出演(オールナイト)なので
見てきますよ!!!
でも締めるのはPet Shop Boysで。


明日は選挙ですよ!!!

いよいよPartyなわけで。

2007.07.18 Wednesday | by Daisuke Masuda
その名もTeenager.

The Teenagersじゃないよ。Teenager。
オーストラリアはシドニーのバンドです。

あ!アルバムが出ているのですね。

かっこいいなぁ。
WestなんてSonic Youthがエレクトロを通過してまたバンドを始めたみたいな。
アルバムほしいなぁ。日本では売っていないだろうなぁ。

PonyもAlone AgainもWestも大好きです。大好き!
大好き!みんな大好き!お寿司もオムライスも大好き!



週末の20日の金曜日はいよいよPrimitive Painterなわけで。

もちろんこのteenagerもかけようと思っておりますし。

義響もテツヤさんもケンタロウもきっと素敵なDJを見せてくれると
思いますよ。本当に!

で、今度の金曜日の楽しみ方を書いてみようかと。

1)音
もちろん。これ大切です。ていうかこれがあるからPrimitive Painterです。
DJ陣が悩んで悩んだセレクトでみなさんをおもてなし。
大好きなあの曲もメロディだけしか知らなくて気になっていたあの曲も
知らなかった名曲も含めてどんどん楽しんでいただければと。

2)場所
Heaven&Earth。すでにお越しいただいたことのある皆さんにはおなじみですが。
素晴らしい場所なんです。
エレベーターでビルの4階まで上がってドアを開けて。エントランスを通ると
音楽が聴こえます。
入って右手を見るとそこにはテラスが。
テラスの視線の先には壁いっぱいにVJ(今回からVJが入ります!)さんの流す
映像が映っています。
テラスではフードを販売。
ご飯を食べるもよし。音にじゃまされずに友達を会話を楽しむのもいいでしょう。
踊りすぎて火照った体をクールダウンして、再びフロアに行くのもいいでしょう!
パーティが終わりを迎える頃、天気がよければ朝陽がフロアに差し込んでくることでしょう。
そんな中で全身にRoyksoppやFeistを浴びたとしたら!
踊りすぎて疲れてしまったり、フロアの音から離れたいときには室内の階段を
あがると5階はソファーのあるスペース。
大音量に気にすることなくゆっくりとした時間を過ごすことができます。

3)VJ
今回で3回目を迎えるPrimitive Painter。今回からVJさんが参加してくれます。
Bang Bangでかっこいい映像を流してくれるKAYABETWOとYUKI HARASHIMAさんです。
流れる音楽と共に皆さんが心地よく夜を楽しんでくれるような映像があなたを包みます。

4)フード
そして!今回はフードが出ます。スタッフのAYAKAちゃん手作りのおいしいこと
間違いなしのフード。メニューは当日までのお楽しみ。
数に限りがありますのでお早めにどうぞ。
心も満足胃も大満足なことでしょう。

今回から充実した陣容でお送りするPrimitive Painter。
「どんだけぇ〜」ってくらいな最新のインディーとエレクトロをお楽しみに!


Reverend And The Makers

2007.07.18 Wednesday | by Daisuke Masuda
Arctic Monkeysと同郷のシェフィールド出身でお友達らしい
Reverend And The Makers。
いつの間にかSummer Sonic07への出演が決定していたのです。
これはびっくり。
しかもステージも時間もその他のお楽しみアクトとの兼ね合いがとても
迷う位置での出演で2度びっくり。

そんな彼らの音を聞いたことはあるかい?
カッコいいぞ。

MYSPACE

OH ! NO ! Nooooooooooon.

2007.07.07 Saturday | by Daisuke Masuda
だいぶ更新が滞っていますがいかがお過ごしでしょうか?
物まねタレント同士の喧嘩に一喜一憂ですか?
誠意ある借金踏み倒しの動向に夢中ですか?

しかしね、
夏ですね。夏ですよ。

夏休みはどこに行くんですか?夏休みありますか?
ちゃんと。

僕はニースのおじいちゃんの家で過ごしたり、モナコの別荘でのんびりしたり。
2ヶ月くらい過ごします。

OH NO ONO。大好きです。
デンマークのバンドです。買いましたか?



超かっこいいっすよ。こうありたいっス。

さて、
The Cribs。CSSのリミックスがCDSには入っているっていうから買ってみたら
見事に入っていなかったのですが、、、。
ネットをうろうろしていたらありました。
なぁんだ。本当に存在していたのか!
まぁ。捜してください。各自調査で。

再結成。

2007.06.14 Thursday | by PRIMITIVE PAINTER
Dodgyまでもが再結成だってさ。

コチラ

大人気なのかな?

Good Enough♪

大人の味ってやつを知る年頃なのかい?

2007.06.01 Friday | by Daisuke Masuda
FRIENDS OF THE BRIDE / BUCKLE UP, SUNSHINE!' / 7 / Young & Lost Club



Young & LostからのNew。FRIENDS OF THE BRIDE。
スゥィング。ジャイヴ。リアル60'sソウル。
渋い。渋すぎる。
そうだ。これが大人の味って奴だ少年よ。
わかるかい?
バーボンにシガーだ。お酒はゆっくりと煙をくぐらせながら飲むもんだ。

BishopsやVINCENT VINCENTと供に。
また好きなバンドが増えた。

MYSPACE
http://www.myspace.com/friendsofthebride

Teenagersだとかの話。

2007.05.28 Monday | by Daisuke Masuda
The Teenagers超待望の1st ep「Homecoming」がついにリリース。
待ちきれないので、通販です。

海を越えて本日夕方、我が家に到着しました。



夕方からずーっと寝ていてさっき目が覚めるというとても休日らしい過ごし方をしてしまったので実はまだ聴いていないのですが・・・。

つまりコレです。

PV

で。
続きを読む >>

The Cribsを聴きながら釣りに行きたい。

2007.05.25 Friday | by Daisuke Masuda
The Cribsの3rdアルバム「Men's Needs, Women's Needs, Whatever」がリリースされました。
今回のプロデューサーはFranz FerdinandのAlex。

毎回、良質なポップソングを届けてくれる彼ら。
今回もそのクオリティは磐石です!

近作にはレコーディング中にSonic Youthのリー・ロナルドも参加しています。

ライヴ見たいなぁ。

気がつくと彼らのアルバムは自宅にあります。


さて、連日音楽とは関係ない話題が多くなっていますが、
続きを読む >>

インディアンセムTOP50のお話

2007.05.22 Tuesday | by Daisuke Masuda
NMEとxfmが、合同企画で「歴代の最も偉大なインディー・アンセム(The Greatest Indhie Anthems Ever)」の投票を行いまして。
そのTOP50がNME本誌やら主催者のサイトで発表されました。

NME


xfm

もうね、こういう企画大好き。
並んでいる曲名をみるだけでも胸が高まる。

1位のoasis/Live Foreverから順番に見ていくだけでも、
それぞれの曲と自分が出会った日の出来事を思い出すことができちゃうくらい、
思い入れが深い。

これ、プレイリストを作ろうと思います。

そうして聴き倒す。

ランクインされた曲を見てみると、やはりoasisが1位。
6曲がランクインとぶっちぎり。
やはりね。何だかんだ言ってそうですよ。
oasisが人々の心に残る曲を持っているってことですよ。

後はThe Smithの曲が何曲かランクインするのはわかる気がします。

注目はThe Libertines。現地だと日本とは比べ物にならないくらい、
キッズを夢中にさせていたそうで。そりゃそうね。
僕は彼らのデビューから同じ時代を同世代で過ごすことができて幸せでした。

今、たくさんのバンドがデビューして、クオリティの高い7インチがたくさん追いきれないくらい
リリースされているけれど、一番リアルタイムを意識することができたのは
The Strokes、The Libertinesがデビューした頃だったので。


さて、以下にランキングを掲載します。
「Bitter Sweet Symphony」がもっと上位であって欲しかった!
続きを読む >>

Super Furry Animalsのアートワーク。

2007.05.21 Monday | by Daisuke Masuda
Super Furry Animalsのニューアルバム、「Hey Venus!」Rough Tradeよりリリースされる。
発売日は8月27日。

今回、これまでと大きく違うのは、アートワークを手がけるのが日本のサイケデリック・アートの
巨匠、田名網敬一
これまでにSupercarのアートワークで彼を知る人も多いでしょう。

なんでもグリフが熱望していたらしい。

さて、これまでSFAのアートワークといえば一貫してピート・ファウラーが手がけていましたね。
ここに来ての変更は何か彼らにとって転機となるのでしょうか。

メッセージ、サウンド、ビジュアル、ステージなど、その活動が注目を集める彼らの新章となるのか!?

期待は膨らむばかりなのです。

MY SPACE